敏感肌に合う成分は?どの敏感肌化粧品を選ぶべき?

ここでは、敏感肌化粧品の配合成分の中でも、特に代表的な成分・有用な
成分をピックアップして紹介していきます。

 

セラミド

敏感肌 成分

 

セラミドは、細胞間脂質と言う成分です。

 

元々私たちの身体に存在しているセラミドは、敏感肌の
場合でも刺激を受けにくく保水力も高い成分です。

 

しかし、減少した体内のセラミドを外側のスキンケアで
継続して増やすことは不可能なんですね。

 

もちろん、ケアすることで一時的に補充はでき、
角質層に届き保湿はしっかりしてくれます。

 

 

セラミドの仲間は11種類あり、成分解明が
進んでいるのは現在のところ7種類です。

 

その11種類の中でも、肌にもっとも豊富に
含まれている成分セラミド2です。

 

保湿力が高く、元々肌に豊富に含まれている成分なので、
セラミド配合化粧品にも配合されていることの多い成分です。

 

また、他のセラミド1・3・6も敏感肌におすすめの成分です。

 

セラミドは大きく4種類に分けられ、
天然セラミド・ヒト型セラミド・植物性セラミド・合成セラミドです。

 

 

ヒト型セラミド

中でも一番注目されているのが「ヒト型セラミド」です。

 

身体の細胞間脂質に元から在るセラミドに、
基本構造を真似て作られ誕生したセラミドです。

 

構造が似ている為、お肌にとても浸透しやすく、少ない
刺激で強力な効果を発揮してくれる保湿成分
です。

 

お肌の角質層と言うのは、水分を油分が挟む
「ラメラ構造」と言うものを形成しているのですが、
その構造に欠かせない成分がセラミドなんですね。

 

このヒト型セラミドと言う成分は、傷ついたラメラ構造の
修復
にも効果的であると考えられています。

 

 

ヒアルロン酸

敏感肌 成分

 

保湿の有名な成分で、強力な保水力を持つヒアルロン酸は、
たった1gだけで水分6リットルをしっかり保持出来るそうです。

 

お肌の真皮にヒアルロン酸は存在しています。
しかし、化粧品のヒアルロン酸の場合は真皮まで浸透せず、
お肌の表皮で保湿力を発揮してくれます。

 

 

コラーゲン

敏感肌 成分

 

お肌の真皮約7割がコラーゲンでできているとされています。

 

化粧品でのケアでは真皮まで浸透しませんが、
表皮の保湿はしっかりしてくれます。

 

コラーゲンはタンパク質なので、肌の奥深くまで浸透しにくい反面、
表皮にとどまり乾燥からお肌を守ってくれます。

 

 

エラスチン

エラスチンもコラーゲンなどと同じくお肌の真皮に存在する成分です。

 

強力な保湿力のある成分で、水分をしっかりと保持してくれます。

 

 

植物性オイル

敏感肌 成分

 

敏感肌の保湿に大切な油脂なら、特に
「植物性オイル」が良いでしょう。

 

クレンジングに配合される場合も多いのが植物性オイルなんです。

 

植物性オイルはメイクに含まれる油分と馴染みメイクを浮かし、
お肌への負担を極力減らしメイクをキレイに落とせるんですね。

 

 

ホホバオイル

酸化しづらく高い安定性があるホホバオイルは、安全性が
高くお肌に負担をかける防腐剤無しでも効果を維持したまま
長期保存ができる天然オイルです。

 

ホホバオイルの中にはお肌に含まれるワックスエステルが
含まれており、お肌の角質層2〜3割を占める成分なんですね。

 

ホホバオイルには豊富なワックスエステルが含まれ、
浸透性が良く刺激も少ない成分です。

 

こういった事から、敏感肌化粧品にホホバオイルが
配合されることが多いんですね。

 

高い浸透力があるので、オイル特有の不快な
べたつきもないので使いやすいですよ。

 

 

オリーブオイル

美容に良いオイルとしてオリーブオイルと言う名前を
耳にする方は多いと思います。

 

オリーブオイルに含まれるオレイン酸は皮脂に含まれています。
オレイン酸も強力な保湿効果を持っています。

 

また、抗炎症効果のある成分もオリーブオイルには含まれています。