自分に合った敏感肌化粧品の選び方は?

敏感肌化粧品 選び方

一言で敏感肌化粧品と言っても、販売されている種類は

とても豊富でどれを購入すべきか迷ってしまいます。

 

自分に合った敏感肌化粧品をどう選べば良いか悩む方のために、
敏感肌化粧品の選び方のポイントを説明していきます。

 

 

お肌の保湿がしっかりできる化粧品を選ぶ

敏感肌改善の為には、お肌の保湿が欠かせません。

 

ヒアルロン酸・セラミドなど、豊富な保湿成分配合の
化粧品を選びましょう。

 

 

敏感肌化粧品を選ぶ

敏感肌化粧品 選び方

 

敏感肌化粧品として販売する為には、国の厚生労働省の
厳しい基準をクリアし認めてもらう必要があります。

 

特に厳しく安全性が重視され、香料・アルコール・着色料・
鉱物油の配合はNGとなっています。

 

配合成分はもちろんですが、化粧品の容器も品質を
しっかり維持して使用出来るようにしなくてはいけないなど、
厳しい基準で作られた化粧品なんですね。

 

 

しかし、いくら敏感肌化粧品と言っても誰の
お肌にもピッタリ合うわけではありません。

 

ラベルなどに表示義務が無い配合成分に、その人のお肌の
具合によっては刺激となる場合があって、肌荒れやトラブルに
なってしまう可能性もあるんですね。

 

なので、自分に合ったものを見つけるまでは、敏感肌化粧品と言う
名前の過信し過ぎはしないようにしましょう。

 

 

お肌への刺激の少ないものを選ぶ

敏感肌化粧品 選び方

 

敏感肌の場合は、お肌が極端に刺激に弱いので、
肌に刺激を与えたり負担をかける成分は避けましょう。

 

特に気をつけて欲しい注意成分を紹介します。

 

 

エタノール

敏感肌化粧品 選び方

 

アルコールであるエタノールは、化粧品に良く使用されて
いますが、高い揮発性があるため肌の水分を奪います。

 

どんな化粧品に使用されることが多いかと言うと、強力な殺菌作用を持って
いるのでニキビ対策、ひんやり感・皮脂のべたつき予防などに多いです。

 

ただ、敏感肌の場合お肌の水分・皮脂を
取ってしまうのが良くありません

 

 

化粧品の配合成分表を見てみると、
ベヘニルアルコール・セチルアルコール(セタノール)・フェキシエタノール・
ステアリルアルコール・イソステアリルアルコールなど、
エタノールやアルコールと名前につく成分が配合されている場合があります。

 

これらは化学構造上この名称なだけで、
エタノールとは性質が異なります

 

ベヘニルアルコール・セチルアルコール・ステアリルアルコールは、
粘性をアップしたり固化するように使用される油分で、
イソステアリルアルコールは液状油分で乳化剤に、
フェキシエタノールは防腐剤に使用されます。

 

アルコールフリー化粧品のアルコールは、
エタノール不使用と言うことです。

 

 

香料と着色料

化粧品には、香料・着色料という成分は効果的にも
不要なものと言えます。
特に香料の中には、光に刺激されるとお肌に刺激をあたえて
しまうものもあるんですよ。

 

お肌にかかる余計な負担を減らしたいな避けたい成分です。

 

 

自然由来と天然成分

敏感肌化粧品 選び方

 

自然由来・天然成分と言う表示は、一見
お肌に優しいイメージですよね。

 

原料を厳しく厳選している自然由来成分の化粧品ももちろん
ありますが、中にはそうではない化粧品もあるんです。

 

いくら自然由来成分と言っても、肌に強い刺激を
あたえる成分も存在します

 

さらに言えば、実は化粧品の製造過程にも
大きな落とし穴がある場合があります。

 

例えば、原料からその成分を抽出する時・保存する時に、
化学成分を使用する場合があります。

 

キャリーオーバー成分と言いますが、法律上表記の義務が
ないため表示を見てもわからないことが多いんですね。

 

 

因みに・・・化学合成成分をまったく使用せずに化粧品を作る
と言うのは、今のところ不可能なんですね。

 

「この化粧品は自然由来だから肌に優しい!」と
安易に選ぶのはやめましょう。

 

自然由来・天然成分・オーガニックなど、そう言ったお肌に
優しそうな化粧品を選ぶ時は、安全性が高く信用出来る
化粧品かどうかを自分でしっかりと見極める事が大切です。