敏感肌って何?敏感肌になる原因とは?

敏感肌の状態とは?

敏感肌 原因

 

健康な肌の状態は、皮脂・角質層が潤をしっかりと保ち、
外部からの刺激や異物から守っています。

 

肌に必要な分の潤いを保ってくれる蓋の役割が皮脂、水分が
肌から蒸発してしまうのを防ぎ、刺激や異物から守る役割もあります。

 

肌の角質層というのは、細胞間脂質(セラミドなど)が
細胞同士を結び付けています。

 

 

細胞間脂質というのは、外側からの異物侵入を防ぎ、さらに水分保持も
同時にしてくれ、肌の水分喪失もきちんと防いでくれています。

 

皮膚のバリア機能と言うわけです。

 

敏感肌 原因

 

敏感肌の場合は、角質層が乱れ荒れてしまい、
この皮膚のバリア機能が機能していない状態なんですね。

 

皮膚のバリア機能低下が起こってしまった肌は、刺激や異物混入が
起こりやすくなり、さらに水分が蒸発しやすくもなってしまいます。

 

そうして、乾燥しがちで肌荒れもしやすくなるんですね。

 

外部刺激に敏感になると、これまでなんともなかった化粧水でもしみたり、
ちょっとした刺激でも肌が赤く反応したりしてしまいます。

 

酷い場合は、髪の毛・衣類が触れるだけで肌がピリピリ・・・
何てこともあるんですね。

 

 

敏感肌になってしまう原因

敏感肌になってしまうのには、なんこか原因があります。
しかし根本の原因として「肌の乾燥」があげられるんですね。

 

肌が乾燥状態だと、皮膚のバリア機能の役割を果たしている
角質層の細胞間脂質が減少してしまいます。

 

角質層が乱れると、刺激に弱くなり、痒み・肌荒れ
などの症状が引き起こされます。

 

乾燥の原因

では、肌の乾燥の原因とはなんなのでしょうか?

 

空気の乾燥

秋〜冬にかけてなど、乾燥した空気は水分を奪っていきます。

 

 

紫外線ダメージ

敏感肌 原因

 

紫外線ダメージを受けてしまった肌は、
皮膚のバリア機能が低下するだけでなく、乾燥まで
起こしやすくなってしまいます。

 

また、紫外線が肌に存在している保湿成分である
コラーゲン・ヒアルロン酸の元となる細胞が
破壊されてしまうのにも注意です。

 

 

加齢の影響

加齢による影響で皮脂分泌量が低下してしまうと
肌が乾燥しやすい傾向になります。

 

さらに、コラーゲン・ヒアルロン酸の減少も
肌が乾燥してしまう原因なんですね。

 

 

スキンケア方法の間違い

敏感肌 原因

 

肌を洗顔で強く擦ったり、冷たい水・熱いお湯で洗顔してしまう
など、スキンケア方法を間違っていると必要以上に皮脂を
落としてしまう・肌を傷つけてしまうことがあります。

 

 

乱れた生活習慣

偏った食事・睡眠不足・飲酒・喫煙・ストレスなどの乱れた
生活習慣は、すぐさま私たちの身体の不調に現れ、
さらに肌の調子まで悪くしてしまいます。

 

中でも喫煙は、美肌に重要なビタミンCを破壊するので注意しましょう。

 

 

敏感肌による悪循環

敏感肌で肌荒れの起きている状態では、肌の水分が蒸発
しやすいので、負担に比べさらに肌が乾燥しやすいんです。

 

そしてもっと肌荒れ・乾燥が悪化してしまうと
言う悪循環につながります。

 

そう言った肌は、なるべく早く正しい方法でケアする必要があります。

 

 

乱れたターンオーバーが原因の敏感肌の悪循環

敏感肌 原因

 

乱れたターンオーバーが原因となり肌が乾燥し、
敏感肌を引き起こしやすくなることもあります。

 

肌の新陳代謝促進は適度なら肌にも良いんですが、過度にしてしまう
ことで、ターンオーバーが早過ぎて肌に悪影響が出ることがあります。

 

ターンオーバーが早過ぎると、未熟なままの肌細胞が
そのまま未熟な角質層を形成するからなんですね。

 

未熟な角質層のままでは、皮膚のバリア機能がしっかり働かず、
外部刺激や異物に弱くなります。

 

 

ターンオーバーが必要以上に早まってしまう原因に、
紫外線・外部刺激があります。

 

紫外線ダメージなどが原因で肌がダメージを受けた時、
修復機能が働きターンオーバーが早まってしまいます。

 

そうすると、完成されていない未熟な細胞が
そのまま肌表面に上がってくるんですね。

 

そうなってしまうと肌が乾燥しやすく刺激にも
弱くなり、肌荒れなどが起きやすくなり、さらにもっと
ターンオーバーが早まると言う悪循環が起きてしまいます。